レスキュードローンについて

レスキュードローンについて

ドローンは現在、さまざまなシチュエーションで活用されています。農業、建物の管理、採掘、珍しいところでは考古学の調査など、ドローンの利用は大きく広がっています。そして私たちはドローンについて書かれた記事を毎日のように目にしています。
 
ドローンが一般的になってから、既に数年が経過しました。その間にドローンの世界市場は急激に成長し、東京オリンピックが開催される2020年には、14兆円規模に達するとも言われています。
 
ドローンは、一部の領域ではヘリコプターや飛行機に代わる存在となっています。飛行機やヘリコプターは信頼性が高いのですが、いかんせん使用には莫大なコストがかかります。また、時間的な制約も大きいでしょう。
 
将来、インフラや農業、輸送関係のビジネスにおいて、ドローンの需要が高まると言われていますが、特に国や自治体が注目しているのが、水難救助、山間部での遭難者捜索、災害対応などの場面で活躍するドローン「レスキュードローン」です。
 
捜索とレスキューにおけるドローンの使用は急速に増えています。人の命を救うという、ひじょうに重要な分野でドローンがますます使用されているのです。消防や警察、ライフガード。彼らの多くが既にドローンを利用し、その有効性を実証しています。
 
捜索とレスキューは、一刻を争う世界です。初動が重要だと言って間違いないでしょう。彼らはなぜドローンを導入したのでしょうか?それは彼らが初動の重要性を誰よりも知っているからでしょう。探索とレスキューにおけるドローンの利用法には、いくつかの場面が想定されます。
 
消防隊の場合
  • 火災の延焼状態を上空から確認し、消火プランを立てる
  • 空中からの消火活動
  • 延焼ルートや避難ルートの予測
  • 赤外線カメラによる、現場の監視(再延焼防止)
 
ライフガードの場合
遊泳者やサーファーの安全をドローンで監視
遊泳者やサーファーなど、海岸に集まる人たちの安全を見守るためにドローンが活用されています。その中には、
 
  • 溺れた人に浮き袋を投下する
  • サメなどの危険が迫っていないか、沿岸を監視する
  • 不明者の捜索活動
  • ドローンによる注意喚起
 
などが含まれます。
 
ドローンは幅広い用途に使用されており、年を追うごとに人気が高まっています。ドローンはレスキューなどの緊急事態で使用されるようになっています。これはドローンが持つ特性が、この用途に合っているからに他なりません。まだまだ克服するべき課題はあり、まだ広く普及しているわけではありませんが、ドローンのレスキュー利用は確実に増加するでしょう。

防水 ドローン

レスキュー ドローン

スプラッシュドローン