レスキュードローンについて

レスキュードローンが進化すれば、世界はもっと良くなる

2018年04月24日 11時06分

レスキュードローンは、警察、消防士、ライフセーバーなどの緊急サービスが使用する、レスキュー活動に関わる、細かな役割に特化したドローンです。特に救助の初動で、行方不明者がいると見られるエリアの情報をレスキュー隊に提供し、場所が特定されれば、救援物資等の投下を行うこともできます。
 
レスキュードローンは、機動性を存分に活かした対応の早さと、広範囲にわたる探索とデータマッピング能力が魅力です。特に災害時においては、被災状況を空から確認し、データ収集します。
 
レスキュードローンが、レスキュー活動の初期にこのような役割を果たすことで、政府や自治体などは、より素早く意思決定を行うことができます。レスキュードローンがもたらす情報は、正しい判断を後押しするでしょう。
 
レスキュードローンは、災害時の救助活動に必要な時間と人数を削減し、コストとリスクを大幅に削減します。また、広い範囲の情報を迅速に、そして的確に認識し、提供することができます。公共の安全を考えた時、ドローンの可能性は無限大です。
 
レスキュードローンは、過酷な状況で人を危険にさらすことなく、リアルタイムの映像とデータを、昼夜問わず提供する能力を持っています。さまざまなハイテクがドローンには装備されていますが、レスキュードローンの最先端設備は、常に人のために使用されます。
 
現在、市販されているドローンの中にすら、すでにレスキューミッションをこなす製品があります。捜索ミッションと救命具の投下というシンプルなタスクですが、飛行能力とHDカメラによる探索能力は侮れないものがあります。今後もますます、ドローンの進歩と用途の広がりから目が離せません。